エピソード記憶に繋がるように文章を選んでみること

▼理論的な認識の記録だけじゃ駄目なんじゃないかな、と少し考える。頻繁にやっている印象はあるからだ。けど実際のところ執筆目的には巧く合致していないかもなー、なんて思ってしまった、のだ。記録だけではなく記憶にも活かしていければ嬉しいよな、なんて思っているせいだろう。認識した理論を書くだけじゃなくて、物語のように――実践し体験したかのように――人生の一部のように、描くと、経験だと錯覚させることができたりして、おかげで記憶にだって繋がりやすくなって、だから、有効で有益で有用だと言えることもあって、同時に、意外と好いものになったりすることもあるんじゃないかなー、と思えたのだった。という「物語的雰囲気のほうが意識に対していろいろよい」という状況は、経験的にあっさり想像できるように思う。ということもまた、記憶は体験化によって強固になるよ、ということの顕現の一つなんだろうな、と考えていた。