なかなかちょうどよい自意識

▼頻繁に考えてはいるのだけど、結局、自意識の最適値ってあたりがよくわからない。驚異的によくわからないよなー、とか思ってしまうことさえある。時間をかけて「精神」にまつわる経験を重ねてゆくと、巧く対処できた例、とかが蓄積されていって――いくことで、自意識過剰とか自意識不足が見えるようになってきたりする、のかな? なんてことを考えて、改めて思うのだけど、自意識不足ってどういう状態だろう? 自意識が足りていない時は、状況はどうなって、どういう問題があるって言えるんだろうか?