幸せと関わる権利があるかないか

▼幸せを語る権利が微妙にないんだよな、というところが人類の初手かな。相手の心や気持ち、と、世界や未来に対する希望が、幸せを支持する両輪にあたるのだとは思うのだけど、普段は、両者ともに人類とは関係が薄すぎて――薄すぎるせいで、影響を向けることが可能、なんて純朴に信じてしまうことが、できない。盲信は油断が過ぎるぞ、なんてところなんだと思う。だから、権利がないように思える。思えてしまう。▼けれど、関係が薄くないところもきっと少しはあって、だから、関係ないから知らんよ、って油断してると、薄くないところを見逃してしまったりして、残念な結果に繋がったりもして、結局はつまらなくなってしまったりするんだろう。防御の薄くなるところがあるはずなのだ。どうにか繋がりを探れるところが。▼普段は幽霊属性で通常攻撃が通用しないけど、舞台やら条件やらを整えれば、具現化してくれて、物理属性が通るようになって、勝負が可能になるところもあるんだよ、みたいな。戦えるじゃなくて話し合えるようになるでもいいかな。▼眼前の相手を守りたいと、願ったり、実践したり、することが、実際に「守り、救い、幸せにする」ってことに、繋がることもあるだろうから――ほとんど駄目でも稀にはあるかもしれないから――繋がりうるわずか一瞬の隙があるかもしれないから、ま、巧く頑張ろうぜ、って話かな。可能性でしか語りえないものをどうするかっていうのはある。