歩みを止めないことと言葉で語ることを仲違いさせないような道

▼最近の思考は論旨をぼかしがちだ。意識的なものだろう。あえて、とは断言できる。整理できて――納得できて、しまうようなところで、歩みを止めたくない、とか思っているようだ。停滞による腐敗を怖れている、とも言えるか。問いをぼかして拡げることで次の荒野を模索している、っていうかな……。けど、明瞭に認識されてしまったからもう駄目かもしれない。ぼかして――あえてぼかすことで、結局「納得」しているだけだから、けど「納得」したくないから、駄目。次。▼なんて「歩みを止めなければアリだろう」とか思っていることすら、最後は不適に堕してゆく。む。やはり言葉と動的は相性が悪いなあ。巧く擦り合わせてゆきたいものだ。交渉人か仲介人くらいが目指すところかもだな。