特筆すべき自分、とかを支えてくれるもの

▼前項に続けて考えている。ならば「評価できる特徴」を支えるものが何だったら、納得がいくんだろう。運良く偶然獲得していたもの、じゃなくて、死ぬほど頑張って時間を賭して獲得したものなら、許容可能? 確かに許容可能かもしれない。でも、なら違いは何処にあるんだろう。時間量? 意志や決意や覚悟の有無? 技術としての安定性? とはいえ、偶発的に獲得できていた要素をすべて排除するのも、やっぱり違うだろ、と感じるし、意志と運を区分できる明確な境界線なんてないじゃん、というのも同時に思う。つまり、まあ、あれかな。意志とか判断とか自由とかが人生の評価に関われないのは哀しいよなあ、とかなんとか思っているだけなのかも。厭だなあ、と思って、評価に関わるものに対する定義についても抵抗しようとしている、って感じかな……。