運良く「特筆できるようなもの」を獲得していたとしても

▼緊張せず硬直せず、自然体で、つまりは手癖で、滑らかに、抵抗感もなく文章なんかを書いてみて、あるいは何かを為してみて、特徴的だったぜ、なんて思えて――幸運にも差別化が図れたぜ、とか判断できたりして、なんていうことを、単純に驚喜していていいのかな、と、軽く考えていた。意気や策略、無為や自然、というような概念の境界線をどう決めているかにもよるかなあ。駄目っぽいとは思う、という結論ありきで検証しているところも確実にあるから、思索としては正直微妙なのだけど、でもまあ、思うのだ。やっぱり思ってしまう。違和感を覚えてしまう。運命的に、偶発的に、特徴を獲得できて、歓喜して打ち震えていたって、駄目なんじゃないかなー、と。ま、問題は「駄目」とかじゃないかもだけど……。そして、意志を信仰しすぎている帰来があるとは思えるけれど。