思考ワープ装置の利用明細、は、後追い

▼閃きを記録し保持しようと考えるなら、ワープの利用明細も残さないと、結局はわけがわからない記録になっちゃうんじゃないかな、とも思っていて、だから、いかなるワープ装置を使ったかを、調査し直す必要さえ出てきたりするんだろう、とも考えている。通常の場合、思考ワープ機能は意識化にない、と判断しているからだ。調査し直し、意識化に置かないと、言葉に変換することなんてできないだろう、と考えてみたのだ。
▼閃きを言葉で記録しようとすると量が滅茶苦茶増えてしまう理由の一つだろう、と判断している。あと、再検討しているうちに、論理の誤りに気付くのも、間違ったワープ装置を使っていたのだな、ということがわかってくるからなのだろう、とも思っている。
▼けど、まあ、たどれないことだってあるんだろう、とも思う。深く埋没した思考ワープ装置も沢山あるだろうからだ。あまりに自明になりすぎてしまってほぼ見えなくなってしまったものが沢山ある、のだ。まあ本能とか生理とか感情とか呼ばれるものたちのことである。実地過程でゆがんだり、検討過程でゆがんだり、するのは、つまり、視認が非常に困難な深奥型な思考ワープ装置があるせいなのだろう、と考える。
▼けど、迅速な判断のためには死ぬほど有益なものなのだろうとも思っている。埋没するほど速くなる、と考えているところもあるからだ。埋没した思考ワープ装置こそが、迅速な判断の肝になるのだろう、とか思っている。埋没した思考ワープ装置を、つまり、当然かつ自明になりすぎた思考ワープは、検討が難しい分、非常に速くて、だから、巧いこと活用すれば活用するほど、思考は速くなるんじゃなかろうか、って思うのだ。けど無論まあ、精度は落ちるだろう。検討が難しいのは、本当に、弱点だと思う。
▼深く埋没していながら、なおかつ、誤る可能性はほとんどなし、と言えるほど、設置以前に検討を重ねられた、設置後検討できなくなったとしても問題がないような、埋没型迷彩的思考ワープ装置を、いかに鍛え、いかに揃えられるか、が、目指すところかな、というあたりが、落ちになるかな。思考を速くしたい、と思っているところはかなりある。