思考ワープ装置

▼閃きって、設置済みのワープ装置とか発進と終着の決まった高速道路とかを使ってもたらされるものなのだろう、と、現時点では考えている。位置Aに立ったなら位置Dに飛躍してよいよ、とか、位置Dから位置Eに向かうケースならば最後は位置Hに達することになるから間を飛ばしてよい、というものが、経験則的に沢山設置されていて、いくつもの思考ワープが、同時に起こってしまうと、自分でもわけのわからない、けれども驚異的なところに吹き飛ばされたりして、結果「閃く」んじゃないかなー、とか考えているのだ。