脳内建築において巨大建造物を再構築できるかどうか

▼複雑な構造を脳裡に思い浮かべるのは、あまつさえ維持したりするのは、想像以上に困難なのではなかろうか。沢山のメモリを喰うせいで不安定になるんじゃないかな、とか感じている。極上の閃きのほうが忘れてしまいがちだ、という説については、確かになあと経験則的に賛同できているところもあって、説明的に言うと、壊れてしまうと複雑すぎて同じ建造物を造れなくなっちゃうんじゃないかな、というような印象で現象を捉えていたりする、のだ。復元可能なこともあるんだけど、構造までは完璧には再現できなくて、だから同じ感動を味わえなくなったりもするんだろう、とか考えていたりもする。驚異的な瞬間的着想って脳内領域ぎりぎりまで使っているような印象があるのだよなあ。