ギザギザを踏まえて、ギザギザしていない世界へと補完してゆくこと

▼這い上がるように毎日頑張っている人には価値を感じてしまうのだ。だけど、同様の頑張りが伺えない赤ん坊にだって価値があると感じてしまうのだ。まあ「輝く可能性」みたいなものが共通点なのかな、とは思いながらだ。▼同時に、誰かを騙して裏切って破産も絶望もさせて私腹を肥やしているような人には価値がないと感じてしまうと思う。迷惑をかけられたら「価値がない」の変奏版を感じてしまう私欲的な感じだってある。迷惑というか痛みとかですらありうるだろう。というあたりは、可能性がない――閉じている、と言える感じなのかな。対比として。▼罪と罰という概念だって理解可能だし、悪徳も。嫌いも、駄目も、何処か行っちゃえとか思う時の精神だってわかる。人間に「価値」を付加しうる概念が沢山あって、実際問題理解可能なので、人間に価値を向けるなんてありえない! とはやっぱり言えない。言えないなあと思う。▼ここからだよなあ、とも思う。最低限ここから始めないとならない。誰もが同じように、とまで言っていいのかどうかはわからない。けど、類似の感覚を持った人たちは、結局、ここが、初手になると思う。