秋期限定栗金団事件

▼米澤穂信の新刊。刊行が決まったようだ。非常に嬉しい。待っていた。▼無邪気って危険なんじゃないか、とはかなり以前から考えている。思想にすらなっていると思う。認識範囲が安定性と密接に関わっている、とか判断しているせいだ。裏切られることが認識範囲内にある信頼は裏切りでも揺らがないかもしれないが、裏切られることを考慮していない無邪気な信頼は裏切りによって崩壊してしまうんじゃないか、なんてあたりが持つ懸念の話だ。絶望や破綻や悲哀を、いかに視野に入れられているか、というのを、安定性などの面から、重視してしまっているのだ、なんて言ってもいい。▼という話に意識を向けてしまう。わりとだけど、米澤穂信氏の小説を読んでいると、視野から外れてしまっていた駄目なところ、に目を向けさせられることが多いから、視線が向いてしまうのだろう。だからこそ好きなのだとも思う。つまり、無邪気を壊してくれる。短絡的で誤謬的な楽観を打ち崩してくれる。だから好き、というわけだ。ま、当然痛みもあったりするけれど、ありがたいとか楽しいとかが、打ち消してくれることのほうが多い。新しい世界を知ることのほうが楽しい。▼なんてあたりの理由で、題名に「限定」の付く小市民シリーズが最も楽しめている。楽しめているんじゃないかと思う。間違いを指摘されて歓んでいる、という構図ではある。が、自虐趣味のつもりはない。精度が高まると知っているせいだろう。