社員的算段と権利や立場とは無関係にみんなで対策してみましょう案

▼強い陽射しが再来している。遮光を図っておこう。閉じた瞼の裏は闇ではないよなあとは思っている。けど黒とか思ったこともない。あれは何なのだろう、と考えてみた。話を変えるけど、最近、音楽が世界を支配する感じをあまり受けていない。乖離が過ぎる、というのは違うかな。難しいな……。以前対峙していたものに意識が向かなくなっているような印象はある。油断だろう。緊張した虚脱を笑顔で目指したくなるような晴れ。▼起床時刻は午前8時半。勤務時間は午後12時。まず社員ミーティングが待っている。滞りない姿を想像し、理想形として固めてみせて、実践に繋がる算段だって立てよう。なんていうあたりを、技術としてまとめることが可能なら、確実に有用なのだろうけど、まだ全然駄目だ。無能なのかな? なんて問うことで、単なる怠惰を隠してしまいそうなので、やめる。▼読書は『その仕事は利益につながっていますか?』でゆく。昨日購入した。情報を共有し、関係者意識を高めることが、有益に繋がるよ、という策に関する話が描かれている。楽しい。最近考えていたことに酷似している。のを、免罪符にしないよう読もう。