今日書けるから、今日書くよ

▼結局「今日のことは今日しか書けない」みたいだ。▼ということを理解するための数年間だった気さえします。▼運命があるなら運命が許すだけのものは書こう。意志があるなら意志の限りは書きましょう。自由があるなら自由の中で選んでみせるつもりだし、偶然ばかりなら頑張って蓋然性を高めながら、必然ばかりならせめて足掻きながら、書いてはゆきたい。▼諦めたら羨望ばかりになりそうだしね。▼とか感じているうちは続けてゆくほうがいいんだ、と思った。▼美しいと思うものを為しましょう、という話かな。