君の話と僕の話、および、お互い楽しめる修辞は面倒なのだの話

▼読み手のことを考慮し人が読んだ時に楽しめるようなものにしよう、というのと、特段読み手のことは意識せず己にとっての重要性を最も優先しよう、というのは、相互排除的な案件というわけでは決してないのだけれど、同時に狙うのは手間がかかるので、時間の問題として、選ぶのはどちらか、になってしまったりする。なので、よく迷います。