鍛錬を最優先するために読み手を軽視することの罪悪感を排除してしまえとか

▼効率的かつ効果的な鍛錬法、に関しては、以前よりは掴めている印象もあったりもするけれど、いまだよくわかってないよなあ、と感じるところもある。活かせてないな、という気持ちに駆られることは意外と多い、のだ。▼けど、わからないよう、と呟きたがっているだけなんじゃないかなあ、と指摘できる心理も何処かにあったりして、正直油断ならない。油断しちゃ駄目だ、と戒めている。わからないよう、と喚いて嘆いて問題を投げておけば「留保」が許されてしまう。というのはきっとあるし、自覚も反省もなく陥る可能性だってありうるほど魅惑的なことだとも思うからだ。▼話題が飛躍しました。▼発想の記録だけを目指してしまうと、断続的かつ独善的なものになる予感がしていて、駄目かなと感じたりもしていて、だからつまり怖れてしまっていて、避けているのだけど、逆に鍛錬の阻害になっているとも感じたので、書けよ、と言うために記述してみた、のだった。