雑になっても書かないよりはよいかなとか

▼判断と分解。理解と整理。知ったり憶えたり学んだりして、思考の形状や指向を変える契機になったモノなどは――つまり「糧」になったようなものは、可能な限り――たとえ淡く短く粗くであっても、吐き出しておくくらいがちょうどよいのかなあ。とか今さら改めて考える。単純な学習結果を書くのを避けすぎている印象が最近は濃くある。