人物描写に深みが欲しいけど技のおもしろさで帳消しも可

▼登場人物の描写に深みみたいなものがないと、わりと「つまんなーい」とか思いがちな癖に、戦闘漫画に関しては、得意技が特徴的で魅惑的なだけで、わーよいよー、と思ってしまうところがあって、つまり、特権化している。いわゆる優先順位の違いなのだとは思うけど、何となく基準を違えてしまっていたりする。のを自覚して、微妙かも、と思ったので、言葉に落としてみた。頑張った言語化が変革に繋がったりするからだ。変革したいのかなあ。別に駄目ってわけじゃなかろうに。自戒と自覚だけはあってもいいかもだ。