楽しくできたり苦しめられたりと配慮が誰かを救うといいな

▼強烈な陽射しと冷酷な空気が意識を苛んだり救ったり、って雰囲気かなあ。楽しめたり苦しめられたりだよなーって思う。楽しい瞬間を解釈できたりもするけど、苦しい瞬間が訪れたりもしている。楽しいが能動で苦しいが受動なのは意識的なものだ。というか、記述しながら意識してみた、が正確なところかな。世界観としては、どうだろう。再考の余地があるような気もするのだけれど。▼誰かの心配をしても無駄なのかもしれない、とは無論思う。配慮が誰かしらの成功を担保したりはしないだろうからだ。でも、何処かで回りまわって、何処かを巡りめぐって、助けになることは、ありうることだとも思う。わからなくても、ありうることだろう。視認できなくても、ありうる。だからこそ、可能性に賭けることは、やはりアリだと思う。アリだと思いたい。覚悟を決めて――わかりやすい回答と納得と快感は得られないかもしれないがね、と覚悟を決めて、でもって賭けて、おもんぱかることだけが、祈りと呼びえて、なおかつ、唯一人のためにできることなんじゃないかなー、ってことは、現状の人と人とのありかたを見ていて、考えたりする。