時間管理の改革が楽しいので、終わりから何となく逃げてしまわないように

▼時間術はだいぶ様になってきたと思う。膨張を続ける「あれもこれも」にはほとんど悩まされなくなったし、締め切りもだいぶ忘れなくなった。なりつつある。無論、まだ完璧じゃない。ないけど、でも、以前とは別格、にはなっただろう。▼最初のほうが進みがおおきいはずだよな、と変革全般に対しては思っている。たぶんそうだろう、と経験的に認識している。だから、次第に進みが遅くなって、動きがなくなり始めて、新鮮味も成長の味も感じられなくなって、つまんなくなっていくんじゃないかな、とも思っているし、だからこそ惰性に流されないようにしよう、とも思っている。進みが遅くなっても別に無駄じゃあないし、完璧になったら――改善要素がなくなったら――なくなっても、難点がないのは素直に良いことであって、特段嘆くようなことじゃないぜ、ってことだ。改善っておもしろい。変化にはわくわくできる。だから、響かなくなると、無意味に、ブレーキをかけてしまうかもしれない。改善よりわくわくを優先してしまうかもしれないな、なんて姿が想像できたので、自戒しておく。堕ちないよう発破をかけておこう。