動けるという信仰

▼て段階で終わっちゃ駄目なんだろう。駄目ばっかりだな……。駄目ばっかりだけど、駄目ばっかり浮かぶなら、巧く活かすべきなんだろうな、とも思ったりはしている。悪いところばっかり見るよりは良いところばっかり見たほうが良いんだぜ、と信じてはいるけれど、悪いところばかりなぜか意識してしまうのならば、頑なに否定ばかりするんじゃなくて、活かせばいいじゃん、とも思うのだ。なんて思えるのは、頑なに否定ばかりしているというのも、結局は「悪いところばっかり見ていること」になってしまうわけで、悪いところばっかり見てしまうことの悪いところばっかり見ないで良いところを見てやれよ、とか思っているわけでもあって、めんどくさ、とか思っているせいだろうか、なんて考えてみた。ま、否定はできないかな……。▼悪いところばっかり見てしまう、時に、活かそうぜ、とは言いたくなっても、良いところばっかり見るようにしろよ、とは、言いたくならない。以前と比較すると格別に思わなくなった。おそらく、現時点の精神は結局のところ否定なんてできない、とか思うようになったせいだろう。特に、精神のコントロールを不可能と断じているわけではない。ないのだけど、不可侵領域があることも、同時に信じていたりする、のだ。やれるだけやろうぜ、ということだけ心に留めておけ、なんて思っているのだ。▼でも、と思う。でも、やれるだけはやれる――やれなくはあるまい、とか判断できていることの根は、実は不明だ。不可侵の謎だ、とすら思っている。人間の構造に因るのでは、なんて思っているところはかなりあるけれど、疑念もなくはない。文化が見せている幻、と仮定しても巧く話を紡げそうだからだ。▼意志を信じている。何にせよ信じてしまっている。根拠は不明。ということが、つまり信仰ってことかな、とは思う。