比喩はそれじゃなくて、たぶん試行錯誤は進んでゆくよ

▼と。思索を一時停止させてみた。早計すぎるな。結局さ、発想を舐めているのは自分なのかもだな。と反省もしてみた。かつて想像していたより現実での試行錯誤は進んでなくて――ないように見えてしまって、だから、衝撃を受けて、吃驚して、戸惑わされてるだけなんじゃないかなー、という空気も感じ取ってみた。可能性を感じ取ってみた。▼改めて指摘しておくけど――自戒しておくけど、渋滞して停滞してぐるぐるあわあわ同じ位置で踊っているように見えるからって、前進不可、って結論できるわけじゃなかろー。早く諦めすぎだろう。螺旋構造あたりを比喩に登用してあげてもいいじゃん、というか。漸近も視野に入れてあげてよというか。進みうる可能性くらいは信じていこうよだ。