熱意の背後を奪い、知らず知らずのうちに熱意を活躍させてしまえ

▼副次的な意気というか、結果的な熱血というか、簡単に言うと、進行する過程でうまいこと「熱くなる道」に接続されてしまうような、つまりは、最初からはっきり熱意を狙うのではなくて、狙いを気取られぬよう巧妙に背後を奪って無意識のまま雄叫びを生み出させてしまうような、型の、思想とか、視線とか、決意とかが、向いてるんじゃないか、と軽く考えてみたりした。意識的でわかりやすい意欲や士気というのは意外とすぐに消えてしまう。持続は難しいようだ、と最近は理解している。意外と堅物で難物らしい、と理解してみた、のである。というわけで、対抗すべく立案してみた、なんて言えたりもする。