多人数でなら何ができるだろう

複数の人間がいることが前提だから、複数の人間でやっていくことを前提に

▼雑な境界線ではあるとは思うけれど、俗に言う「会議」というものは、間違いなく「複数の人間」を前提にしているものだ、とは考えている。複数の人間が存在することで会議は可能になる、とは断言できるし、逆転させて、会議が可能なら複数の人間がいる、ってことも断言できる。できるだろう。明確な特徴を挙げるならばほかにはあるまい。てのは過言かな……。まあ、ほかの職務とは「複数の人間が頭を突き合わせる」という点で結構違う、のだ、とは言えると思う。だから、複数人だからこそ可能と思える現象、を、至極絶妙な配分で配置できれば、実際的な会議というものを、更に素敵なものにできるんじゃないかな、という判断をもって、試行錯誤に臨んでみようか、と考えたりしていた。初手はそれで、というか。勝負前に足場を固めてならしておこう、というか。

複数の人間なら可能になる現象、って何処から何処まで?

▼複数の人間でなくても可能な現象、を、会議に求めても、駄目だよな、って話だ。駄目というか、まあ「違う」が正確かな……。いずれにしても、では多人数だから可能な現象とは何か、というところに踏み込むことにはなる、し、当然すでに踏み込んでいるつもりでもある。あるのだけど、でも、まだ、不明瞭だ。踏み込んでいるだけで、まとめられてはいない、のは、はっきりわかっている。なんというか、該当の範囲を限定しきれていないのだろう。だから、整理に着手できない。できていない。系統図だって微妙だし、境界線すら微妙だし、とか言えてしまう準備状況で、では考え抜いていこうか! という段階までも――まですら、到達できていない、のだ。完璧なる理解などないにせよ、暫定的な理解とも言えない段階だよなー、と感じてしまう。荒れているのがわかる。

何処から何処までがわからないなら、解して並べて揃えて晒してしまえ

▼眼前の現象から「例」を次々と持ってくるか、って思った。適当に挙げていって巧く羅列して、地道に網羅していこうぜ、って考えてみたのだ。雁首並べて揃えてしまえ、というかな……。整理が間に合わなくて、系統的な例示ができなくて、切りがないのなら、次善策はやはりそれだろう、と思ったのである。整理ができず、何処から攻めればわからない、と、こまねいているよりは、マシなはず、という経験則ははっきりある。
▼眼前にまずあったのは、統計が可能になるような物量的優位についての事例で、簡単に言うと、複数の人間でなければ量に頼った策は立てられないし、実行が巧くいけば、策の結果を統計的に処理して、別の攻め手では得られないような情報を得ることが可能になるはずじゃん、という判断であった。というのを活かしてみよう、と思えたのだった。つまりは、記述してみよう、と思えたわけだ。が、冷静に考えてみると「統計狙い」について書けることはあまりない。単純すぎて逆に難しいからだ。注意事項があんまりない、とも言える。けれど、ふと思った。情報は最初から保存と活用を企図していないと意外と巧く集まらなかったりする。ということは、記述に値するんじゃないだろうか。考慮に値するというか。意外と認識しづらいところかも、と思えたりした。経験則的な判断だ。
▼てなわけで、巧く企図できてるかなー、と質問してみる。自問してみる。できてないよなー、という回答が、あっさりと返ってきて、結論できてしまって、唸った。駄目か。

情報の共有化を前提にした形式に整理しようよ的愚痴

▼対話して、会議して、情報を互いに持ち寄って、共有してはいる、つもりだけれど、最終的なところで、総合的な、統計的な、情報にはできていないよなー、とは、はっきり感じてしまう。形式が違い、精度が甘い、せいだろう。おかげで、断片的な情報群をうまいこと合成できていない、のだ。情報量はあるが、あるだけだ。配置で、統計で、別の意味を持たせることは、ほとんどできていない。物量を活かせば多人数の意味があるよ、という面で語るなら、意味を持たせられていないな、という結論に至ってみた。
▼愚痴的な表現を許すなら、情報をもっと整理して共通化して統計的に活かせるようなものにしようよ! 多人数の意味ないじゃん! とか言える。言えてしまうなー、と考えていた。ほかにも問題はあるにせよ、単純なところでは、会議に対して、というようなことを思っているのだった。やりかたかありかたを変えないと、って現状では少し思う。

やりかたとありかたを変える、とは?

▼つまり「内部の配置を変えるか、外部の配置を変えるか」とは言える。内部構造と外部環境という表現もしっくりくるな。あるいは「ソフトウェアを変えるか、ハードウェアを変えるか」とも言えそうだ。または「意識を変えることで現象の転換を図るか、現象を変えることで意識の転換を図るか」っていう向きでもいいだろう。同類と見なしている。