対話する意味付け、会議する位置付け

▼対話する意味とか会議する意味とか、について、最近は頻繁に頭を働かせている。どうせなら、できるなら、意味あるもの、にしたいと思っているからだ。意味あるもの、とはつまり、後日振り返った時に、あっさりと、かつ、重みをもって「意味付け」できるだろうと想像できるだけのもの――重要や肝要を想像可能なもの、ということであって、別の形で言えば、可能な限り「重要な意味」が発生することを予測できる形で、実行に移しておきたいんだよね、なんて言えるような「願望」の話だ、って表現できたりもするんだと思う。意味ある、という形容詞を、最近は、前述のような形で、位置付けている。整理して、把握している。でもって、根本的なところを見つめて、なぜ「意味あるものにしようとしたがっているのか」と問うならば、まあ、意味あることが素敵だと思うようにできてしまっているからだ、と答えてしまうんじゃないか、とは思う。無論、誰もが同様だとは言わないし言えない。わからない。でも、現時点の自分は、そう、なのだ。