図解術は理解のために。んでもって、理解のための図解術

▼理解や納得を要とする行動、に注視するなら、形という概念はやっぱり(どうせ)外せまい、とか、だから思ってはいて、理解や納得を目指すなら図解は有益かも、と言いたくなることは多いし、逆に、図解術、という技を説明しようとするなら、図解こそが理解や納得に密接に関わるものなのだぜ、なんて言ってしまうのも、ま、当然だろう、と思ってしまうところがある。まあ妥当だよなー、とは思うのだ。思える。理解し納得し、理解させ納得させ、継続や進化や派生や修正を狙ってゆくなら、図解ってのは、ま、当然の狙いどころだろう、ということは、強く思うのである。思えるだけの経験則があるらしい。