図形が理解と納得の根っこ?

▼理解感や納得感は、図形として見えることが前提、という印象は結構ある。図が浮かぶかどうかが問題、というか。形がわかるかどうかが問題、というか。具体的であり物体的であり、要するに「視覚的」な、形、という概念が、人間の理解や納得には強く深く関わり結びついているんじゃないかな、という側面で語ってみても問題はない。むしろ理解が深まるかもだ。形状把握がつまりは理解である、とか言っちゃってもいいんだろうか。