調整調律修正修繕整理整頓での活性化狙い

▼時間が過ぎて、冷静になって、客観を想像可能になって、から、読み直して、論理と視野と感覚を改めて検査していく時の、慎重さや深謀さ、活性っぷりを、舐めちゃ駄目なのだろう、って話なのだと思った。快楽が、燃料が、素敵が、重要が、思いのほか沢山そこにあったってことなんだと思う。思考停滞を打破する鍵はそこにあるぜ、とすら思えた。