真善美について一言申したい的な

▼真善美に関しては交渉の余地を欲しがっている、んだと思うなあ。刷新可能性を求めているのだ。だから、構造把握も自問自答も無い、ってのが苦手なんじゃないかと思う。説明がめんどい、は、最低限認識した上での――視線を向けた上での、消極的スタイル、だから、交渉次第であるいは、と思えたりもするけれど、見たくない、見てない、見えてない、は、消極的スタイルですらないからだ。認識が無い。交渉の余地も零だろう。てのが苦手なんだと思う。穿つなら、交渉の余地がないとどうしていいかわからん、っていうのもあるに違いない。強制は好きじゃない、という価値観を守るために、強制執行しなくても可能な道を残しておいて欲しい、とかいう無茶を言っているんじゃなかろうか。