思索遊戯と予測不能のやっぱりそうか

▼陽が日和っている。夏の匂いは強くない。起床は午前9時。休み。読書なんかでまったり過ごすつもりだ。髪も切りたい。欲しいものもあるから、出掛けたりもするかも。
▼読書は『グラン・ヴァカンス』を読んでみようと考えている。物語を欲しているので。
▼具象と抽象の違いがわからない。あたりを最近の問題として考えている。楽しい。思索は楽しい。おおむね、とか付けようと思って、躊躇うくらい、楽しい。脳を混ぜるのが楽しい。安直だけど、びっくり箱みたいな楽しさだと思っていたりする。何が出てくるかわからない。突飛で唐突な閃きが目の前に現れてくれる。でも、意味不明ではない。繋がりが見えないわけではない。何となくわかる。妙に納得させられる。なんて具合が、楽しいに繋がっているんだと思っている。予期できず、予想できず、しかし、やっぱりね、とか思える飛躍が、ここにあるんだよな、って思う。ミステリ趣味に類似しているかもだ。