対比構造と実際は包括関係とかそのあたりなんじゃないの的疑問

▼雲。暗い印象はない。という雲ばかり最近は見ている。青空は記憶の彼方だ。起床は午前9時。新規店舗の手伝いに今日も向かう予定だ。暑そうである。熱対策をしよう。
▼読書は『はじめての課長の教科書』を引き続き読もうと思っている。知性を感じる。
▼記述によって、詳細不明瞭じゃん、が明確になる。ことは頻繁だ。理解の粗雑さが露呈してしまう、のだ。抽象的思考と具体的思考とについて、昨日、少しばかり記述してみる機会があった。記述した瞬間から意外と思索が続いている。納得できていないようだ。定義が怪しい、と言えば、聞こえはいいかもだが、とにかく、対象が何なのか実はわかっていない、ということがわかってしまった。具体的って何すかね? でもって、抽象的と具体的ってのは対義語的あるいは両極的/相対的に捉えてしまっていいんすかね? ということを今は考えている。違う気がする、という声が響いているのだ。たぶん、違う。