人格的一貫性と君と僕とのワガママな違い

▼雲。蒸している。陽は強くない。思ったよりは、という形容詞が浮かぶ。というのはつまり、陽は結局強い、ことを、意味するだろうか。起床は午前9時。勤務は午後2時。
▼読書は新しく『プロ法律家のクレーマー対応術』を読む予定だ。情報摂取。
▼相手と自分の一貫性の違いについて思う。何というか、とりあえず「君」はなるたけ一貫しててもらわないと困る。信用できるかわからなくなっちゃうからね。でも、僕は一貫してなくても別に困らない。君がころころ意見を変えたら、僕は振り回されてしまって納得いかなくなるけど、僕がころころ意見を変えても、僕は、まあ客観的視点を導入すると振り回される感じは多少出てくるにせよ、心底納得いかないやりたくない、って感じにはならないからだ。根底で肯定要素が働く、って感じだろうか。というところからちゃんと始めて、でも、慈しみいたわり思いやりに辿り着かねば、というのが、あったりはする。