孤独は厭だを活用してゆく

▼独りが厭なことを、孤独を避けたがることを、明白な「弱さ」とは思いたくない。のだと思う。抜本的修正が必要だとは思いたくない。というか、思っていないのだと思う。思う軸があっても無論いいけれど、時には、強さに繋げる軸があってもいいと思うのだ。強靱として扱う――強靱に繋げる、ような思想があってもいいじゃん、って思うのだ。というのが無謀なほど遠い道のりだとも思わない。誰かを求める心くらい、わりと簡単に活かせると思う。惰弱脆弱も取り扱い次第だろ、というところにはいつもいたい。って思う。