豪雨と暴風を予期しながら、今日は何処へ向かおうと考えてみるところ

▼雨で憂鬱になったりはしない。が、雨に付随する何かに憂鬱になることはある。というのは、付随してるな、っていう思い込みがある、ということなのだと思う。経験則、とも言える。再認識になるが、経験則と思い込みは紙一重だろう。固定観念、という言葉が浮かぶ。先入観とか偏見とかも浮かんだ。真っ新、真っ白、に憧れることはある。無心、という言葉はあんまり的確ではないようにも思えるけれど、でも、近しいものを呼び起こすのに巧い言い回しだよなあ、というのは強く思う。無心の眼には憧れる。雨に打たれながら、走って、音楽を聴いて、呼吸を深く緩やかに向けて、世界を感じる。空を感じることと、みんなを感じることと、そのあたりは、結構同義かも、って思った。▼起床は午後1時。深夜作業のおかげだ。せいだ、と書くのは避けた。言葉で偏屈に向かうのはなるたけ避けたい、と思っているからだ。たぶん『財務3票一体理解法』の続きを読むと思う。