目標概念を活かしながら、今日はどうやって何処に向かおうと考えてみること

▼目標概念に絡む具体的行動が苦手だ。苦手なんだと思う。立案は多少苦手で、維持は結構苦手だ。すぐに忘れてしまう。持続しない。明らかに有効かつ有益なのだと判断できていてさえ忘れてしまう。思った以上に効果を発揮していて、驚くほど巧いこと進んでいても、何故か放置してしまう。ことが多い。癖がある。明確な指標を脳裏に置いて「目指すところ」へ進んでゆく、ということが苦手なのだろう。致命的か、とは正直感じる。この性癖によって辿り着けない境地が発生してしまうのではないか、というような懸念は強くある。はっきりとわかるのは、杞憂ってわけにはいかないんだろうなあ、ってことだったりもする。▼起床は午後12時。就寝は午前7時半頃だった。睡眠が短い。が、予測はしていた。明るい状況で寝るのはあまり得意ではないからだ。特に問題視はしていない。覚醒状態は基本的に好きだ。引き続き『とある魔術の禁書目録3』を読むと思う。