論理と無理がおもしろい

▼意味の通らない文章、つまり、論理的でない文章、というのが、たとえば論理学の書籍などを読んていると時おり出てくるのだけど、そういうものを、無理矢理「解釈」しようとしてみるのが、結構好きだ。楽しんでいる自分を発見できる。しかも、勘違い的なものを導入するのではなくて、無理矢理思い浮かべようとするのが好きなのである。
▼結婚している独身者、とか、元旦から五月晴れ、とか、丸い四角、とか、肩が腰痛、とかがそうだ。敬している野矢茂樹氏の著作から引用してみた。無論、無理ではある。文字通り「無理」だ。でも、楽しい。挑戦するだけでも楽しい。