[思考記]抽象的な景色の描きかた

▼抽象的概念と景色を組み合わせたりするのが好きだ。雑な例になるが、飴細工を熱烈に因数分解したような景色だった、とか書くのが、楽しい。適切な例かは怪しい。あと、かなり好きだと思っていながら、あんまり書いたことはない。熟慮が要るからだ。ぽんぽんとは出てこない。でも、簡単なところでうろうろしていても駄目かな、って思ってしまうところもある。改善は見込めないかな、という判断だ。経験則である。普段手を抜いてるからこいつはちょっと追い詰めたほうがいいんだよ、とか思っているのである。