ちゃんと笑顔で策謀と打算の申し子だぜって誇れるところもあります

▼発語したものからのフィードバックを受けてしまうぜ、みたいな観念を獲得しなかったら、現在の位置にはいなかっただろう。もっと迂闊になっていたかもしれない、し、あるいは、もっと素直になっていたかもしれない。いずせにせよ同じこと、かもしれない。迂遠と策謀の申し子、みたいに、現段階ではなっている気もしているけれど、別に特に問題ないよねえ、って根でははっきり思っていて、だから、まあいいのだろう。いいのだと思う。というあたりが説明しづらいな、とは思っている。単純に言ってしまうなら、己の発言が己の精神に与えるかもしれない影響までいちおう視野に入れて発言をコントロールしているつもりなっていたりするけれど、素直にそういうスタイルが良いものだって断言して笑えるよ、ってことである。経験から言って、伝わるか微妙だな、って思ってしまうところは多い。が、でも、こうしてずっと書いてきていて、おかげで、ここでは、伝わりそうなひとたち、に伝わるのかもしれない、っていうのは、結構思っていたりもする。遠回しに感謝を描写しているつもりだが、莫迦みたいなので、とりあえず笑っておこう。