甘美と記録のバランス

▼滅茶苦茶嬉しいと文章を沢山書きたくなる。書いても描いても全然書き切れていないような気分になってしまうからだ。まだ全部書けていない。まだ全部残せていない。ちゃんと書かないと、このまま消えてしまう、とか思ってしまっているのだ。記録と記述に価値を置いている、わけだ。置きすぎだろうか、とは思う。綺麗で大切なものは、わざわざ文章にしなくても、綺麗で大切だよね、という形の思想は、好きだ。共感できる。普段は採用しているところも多い。でも、何て言うんだろうか。ちゃんと言葉にしておくと残るものがあるよね、っていう形の思想も、同じくらい好きなのだ。言葉が好きだからそう思うのか、そう思うから言葉が好きなのか、は、わからない。別にどっちでもいい。というのは嘘で、どっちでもいい、とあえて言ってみるのは好きだけど、どっちでもいい、とは微塵も思っていなかったりする。▼起床は午前10時。年末進行の匂い。忙しくはないか。