準備して出掛けたのでは間に合わない

▼結果的にそうなっている、という時にしか、満足を覚えられない、ってことが、時おり絶望的に思えたりもして、でも、絶望じみた気持ちを感じてしまうことこそが、もう、頭が固いよ、ってことの証明なんだろうな、って思う。思い通りに何にでも備えられると思うなよ、って話だ。意識的に選択しようとする、のでは、辿り着けないところがある、のだろう。意識的、という回路を組み込んだ時点で、完成不可能になってしまう、概念、があるんだ、って思った。人助け、というものをしてみたいな、とか最近はよく考える。でも、できる気がしない。人助けをしよう、と、考えて、動くと、ほとんど「人助け」ではなくなるからだ。志すと破綻する――気配を感じる。という境地があるんだろうと最近は考えている。同時に、対処についても考えている。おそらく、対応できないわけではあるまい。あるまい、と思う。無意識もまた操作は可能であろう、というような位置に、現段階では立っているからだ。繰り返し――習慣――癖――センス――というような流れを踏むことで、意識していない時の動き、にも、変化を加えられる。時間はかかり、手間もかかる、が、不可能ではない。という期待がある、のだ。期待したいと思っている。