被写体嫌いじゃないといいのだけど

▼被写体的な業務があった。掲載に写真が必要だったのだ。たいしたものではない。写真が嫌い、と感じる精神がよくわかっていないのかもなあ、って時おり感じる。何となく想像できるかな、というのはあるのだけど、これじゃないよなたぶん……、というのも、不明瞭に感じていたりはするのだ。微妙なズレ、の予感がある。勘違いした動機で納得してしまっている、というか。強いて言うなら自分もあまり好きじゃないのだけど、嫌い、と断言かつ明言する人の精神は実はこんなものではないのだよ――むしろ、別種のものだとすら言えるのだ、なんて言える雰囲気を感じるのだ。▼宣伝用の写真を撮っとけ、という指令があり、誰かに被写体を頼む羽目になってしまった。のだった。写真撮られるの好きじゃないんですー、という人は、わりと多いのかもね、と現段階では判断していて、だから、頼むのも比較的好みではない。が、諦める。切羽詰まっていたからだ。探す時間も根回すコネもほとんどなかった、と言える。結局、実直にお願いするしかないかあ、なんて思って諦めた。諦めて、決心したのだった。嘆息。が、意外とノリで乗り切れた。みんなで載っちゃえ、みたいな空気で押せたらしかった。助かった。が、それじゃ実力に繋がらないぞ、と自戒もしておく。結局オマエの功績じゃないだろ、とは感じるからだ。