囲碁大戦(池袋)

▼囲碁対戦は珍しく綺麗に勝利を収めることができた。ほんとうに珍しい。対戦相手はいつも通りカズ氏で、以前までは、ほとんど負けてばかりいたからだ。辛勝も多かった。現段階での勝率は三割程度だろう。修行の成果が出せたかな、とは思えた。最近は六路盤で練習していた。のが、功を奏したのだろう、と感じている。わかりやすく言うと、物凄く狭い盤に特化して練習していたのである。囲碁というのは、まわりに寄っていくのに合わせて、論理的かつ数学的な勝負に近づいてゆく。読み合いになっていくのだ。打つ場所が制限されるからだ。だから、最初の段階でここに打っておけば、相手が、こう打ってきても、あるいは、逆に打ってきても、対応できるぜ、という手を、探す勝負に近づく。数少ない手で、いかに「安全地点」に逃げ込めるか、を探してみる。というのが、たぶん巧くなったのだと思う。おそらく、精密に見れば隙じゃないと言える「隙」を見極められるようになった、のだろう。隙はあるけれど、ここは、たとえ攻められても、こちらから逆に追い込めば、逃げ切ってしまえるぞ、というのを、経験から、少し学んだ。のだ。