将棋は囲碁とシステムが違い、だから、打法も打点も違ってくる

▼勤務を終えて池袋に向かった。囲碁で対戦するためだ。前から囲碁に凝っている。最近は将棋にも興味があって、解説書などを読んで、ほうほう、囲碁とはやっぱり核心部分がところどころ違っていて楽しいものだなあ、将棋だとこのあたりに要点があるから、こういう思考が存在しうるのだねえ、なんて感心していることも多い。楽しい。囲碁をいくらか理解したことで、打法や打点の有効性もまた、理解することができた。対象が何らかの構造を持つ限り、有効な動き、というのは、やはり存在してしまう、のだろう。理想に向かわないことができないのと――欠点に向かうことができないのと、同じだ。転換するのとは無論違う。負けるが勝ち、ということではなくて、負けるが勝ち、と言っても、やはり、勝ちは目指される、という条理である。負けるが負け、なんかで満足はできない。