認識と態度のバランス

▼言葉を味わうのって難しい。難しいぜ、って時おり思える。が、思える時、は、味わえている時、であって、味わえていない時、ではない。おかげで、対処するのも難しかったりする。できていない時に、全然できてないな――今頑張ろう、と思えるのなら、簡単に改善できる。が、できている時に、普段はできてないか――次頑張ろう、と思えても、改善、に繋げるのは、難しかったりするのだ。遠いからだ。でも、影響を与えられないわけでもあるまい、とも考えている。直接攻撃は届かないとしても、間接攻撃は届きうるだろう、からだ。構えを変更しておくことは可能だよな、とか最近は考えているのだ。元凶となる思想や理念を先んじて変えてしまえ、ということだ。環境要因に注視する行動科学に類似するかも。が、微妙に違うか、とも思う。より手前だろう。まずは「環境要因に目を向けることが可能になるような世界」を前提化せねば、とか言える。▼起床は午前8時。