生活と上底のバランス

▼あまり寝ていない。何故か生活臭を消そうとしてしまう。癖がある。妙に向かいたがるのがわかる。何故狙ってしまうのだろうか。発生源は何処にあるのだろう。やはり領空侵犯を嫌がっているのかな。違う気もする。浅い底を見せたくない、が近似値かな。攪拌と混乱を狙っている、あたり。つまりはチャフみたいなものだろう。とはいえ、ぼかそうとしながら、ぼかしていることは明かしてしまう、という心境も謎ではある。なんていう記述開始で、濃厚に匂うもの、を描いてみようとしていた気もする。のだが、正直なところ攪拌しすぎた。現段階では忘却の彼方だ。というところで思いつく。記憶の端で『人類は衰退しました2』と『モノケロスの魔杖は穿つ4』と『Dクラッカーズ+』がゆらゆらしていた。欲しい、を描こうとしていたのかもだ。意外とライトノベル読んでるなあ、とか思う。が、このあたりだけ、だったりはする。▼起床は午前7時。阻止限界点だった。