豪胆と臆病のバランス

▼過信と謙虚。豪放で慎重。圧倒的に押しながら、しかし退く機を見逃さない、というようなスタイルこそが、ま、最良のものなのだろうな、と判断してはいる。意志、自由、因果、未来、可能性、満足感、幸福、人格、などを世界の基礎に据えるなら、つまりは、比較的常識的な世界、を、派手に逸脱しようと思わない――かつ――思えない、なら、強度があり精度がある、という形の持つ「良さ」にはおそらく敵いようがないだろう、なんて判断できるからだ。過剰摂取という難点だけが貶めることができるだろう。とは思う。でも、過剰摂取を諌める要素を持った箴言はほぼ無敵である。いや、美意識だけが対抗可能かもしれない。とも考えてみた。▼説明不足、というのは感じている。最近は具体的な姿を見せる機会がない。というか、余裕がない。でも、具体も見ないといつか空論に堕してしまうかも、というのはあって、どうにかしよう、とも考えている。起床は午前5時。