複雑と杜撰のバランス

▼複雑なものになりたいと思っている。比喩的には、犀川創平ではなくて、西之園萌絵でもなくて、真賀田四季ですらなくて、瀬在丸紅子を最も憧憬している、とか言える。わかりにくいとわかりやすいのぎりぎりのところを目指す途中でわかりにくい側にひっくり返してみた。という雑な形や姿がむしろぎりぎりの証左である、とか言っておこう。嘘と真剣のぎりぎりも目指しているからだ。嘘と真剣にぎりぎりなんてないよ、という発言には瞬時に敗北する予定である。じゃんけんみたいなものだ。次へ行こう。俺にはこの道しかないんだ、と芯から言えてしまう者でありながら、絶対的で決定的な道なんて俺にはないぜ、と芯から言えてしまう者、あたりになりたい、と思っている。なろうとも思っているし、なれるとも思っている。なり続けているとも思っている。怒られるよ、という観念と懸念はあるが、巧く渡り歩く予定である。予定かよ! ええ。というような具合で。