掌中の無数の断片、を部品か絵の具にして、世界を描いている、とか

▼理解し、判断し、納得し、獲得してきた断片、を、巧みに組み合わせることで、想像よりも遥かに意外な世界を組み上げることができるな、と最近は感じている。常識的な世界像を打ち破るようなものも結構あっさりできたりする。というのが楽しくて、執筆活動を続けているのだろう、とか思う。記述のたびに、世界ってこんななんだ、と驚いている気がする。でもって、まるで飽きる気がしない。精神が飽きさせないようにできている、のか、世界が飽きさせないようにできている、のか、は、わからない。結局のところ両者は等価かもだ。が、等価じゃない、と断言してしまうような強気が最近はわりと好きだ。無理無体な生きかた、というのも、ま、アリかな、と最近は感じられるようになった。生物的あるいは社会的な価値だけが価値ではない、とか。微妙なことを言っているという自覚はある。己の理念だと、駄目なところこそ活かせ、あたりに、類似の匂いを感じる。