好きを貫け、の隙を埋め、最後に待つより素敵なものを目指して

▼好きを貫け近辺の話題に向けて、ぼんやり違和感を覚えてはいたりする。のだけど、批難や文句に類するものではない。ないよな、と思う。否定語なんていうつまらないものではないぜ、とは感じる、し、思える。整理ができない、がゆえの、違和感であろう、とは判断している。換言するならば、形質がぼんやりしてしまっている、ということだ。おかげで、脱出も打破もできていない。巧く整理整頓することで、誰の意見も共存させながら俯瞰が可能になるような、境地の気配を、視座の感触を、かすかに予感していたりもするのだけど、やはり明確にはできていない、のだ。現在の白熱を見ていると、すでに誰か辿り着いているかも、と思ったりはする。が、到達者を探して跡だけ追ってみる、というのは、趣味ではないんだよな、とも思う。経路に重心を置いているからだろう。道のりを無視して後追いで無理矢理到達してみても次回の「瞬間」に道に迷ってしまうようなら有益とは言いがたいな、というのはずっとある。答えだけあっても使いづらいぜ、とは思う。