負荷と嗜好のバランス

▼抵抗や負荷が成長の要にはなりうる、とは思う。壁を乗り越えて次世代に向かう、という構図は誰にでも想像可能なものだろう。なんて普遍性を感じてはいるのだ。だから、抵抗や負荷を前提にした戦略を練ってしまえ、というのもわかる。妥当なものだろうな、と思える。つまり、価値を持ちやすい、と感じる。で、巧く別の軸を持ってくる。好きかどうか、という軸を持ち出してみる。抵抗や負荷を適量にするために、であり、抵抗や負荷を持続させるために、である。好きかどうか、あたりの軸は、緩衝材になり、栄養剤になり、時には煙幕にもなる、からだ。嗜好を自覚するのは難しい。嗜好は移り変わりが激しい。という難点はあり、扱いにより、策の姿も変わる。性向にもよる。というか、たぶん性向によりすぎる。つまりはミノタケに合わせろ、ってことかな、とは思う。▼起床は午後5時。深夜業務をこなしてみた。問題が起こらなくて良かった。と記録しておこう。