finalventの日記(finalventさん)

 私は小林秀雄を30年以上読み続けてきた。彼はどんな日本であれ若者は隠れるとして隠れた若者への確信をもって書いていた。若者は30年後に若者ではなくなったが、その期間をかけて読みづけた。そういう細いしかし、個々の人生を賭けた言葉の連鎖というものがあり、それが一人ひとりの市民を意味づけるようになる。そうした市民がどのように政治の場に現れるかは、忍耐強く待つしかないし、およそ言語による活動とは、小林秀雄が批評についてふれたように、忍耐の作業だ。
――その本を読んでないのでなんか言うのもなんだが

[昨年のお気に入り]